行政書士ひろはし法務事務所
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ

【相続】遺産分割協議書の作成

HOME > 【相続】遺産分割協議書の作成
戻る

遺産分割協議書

遺産分割(相続)は、遺言に従い、遺言がなければ、法定相続分に従って行なうのが原則ですが、相続人全員の同意があれば、自由に分割することも可能です。

 

そして、この相続人間の話し合いの 事を「遺産分割協議」と言います。
この協議が合意に達すると、後日の争い回避の為にも、現金預金の払い戻し、相続登記申請及び相続税の申告の為にも、遺産分割協議書を作成します。

 

作成時の注意点としては、必ず、相続人全員が参加しなければならず、一人でも欠けた遺産分割協議書は、 無効となってしまう事です。

また、相続人全員が、実印を押捺し、印鑑証明書の添付が必要となります。

 

相続人の中に未成年者がいる場合は注意が必要です。

例えば、夫が死亡し、妻と、未成年者の子供が 相続した場合、妻が 子供の代理人となることは、「利益相反行為」となり出来ません。

家庭裁判所で特別代理人を選任し、 その特別代理人が、子供の代わりに協議することになります。

 

もし、相続人が、遠方に住居しており、一堂に会せない場合は、郵便にて、回付送付(回覧)して、署名捺印を行う事もできます。

 

 遺産分割協議書の作成や、相続についてのご相談は、いつでもお問合せください。

行政書士ひろはし法務事務所
医療関連
高齢者介護福祉関連
障がい者福祉関連
児童福祉関連
法人設立
融資・補助金
M&A
相続・遺言
公正証書・契約書
各種許認可