行政書士ひろはし法務事務所
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ

【許認可】宅地建物取引業許可

HOME > 【許認可】宅地建物取引業許可
戻る

宅地建物取引業

宅建業とは、宅地または建物の売買、交換、売買・交換・賃貸の代理・媒介を業とすることを言います。

よって、自己所有のマンションを人に貸す時などは、この免許は必要なく、よく個人の不動産投資・運営などは耳にする事と存じます。

なお、知事許可が必要な場合は、同一の都道府県に事務所を設置している場合であり、大臣許可が必要な場合は、2つ以上の都道府県に事務所を設置している場合です。

また、免許取得に必要な、専任の取引主任者は、従事者5名につき1名以上必要です。

登録免許税及び法定手数料

知事許可の場合、北海道収入証紙33,000円(新規・更新)

大臣許可の場合、登録免許税90,000円(新規)となっております。

保証協会

宅建業の免許を取得し、開業するには営業保証金の供託が必要ですが、現金で用意できない場合などは、保証協会を利用する事ができます。

また、保証協会に加入することで、さまざまな研修・苦情処理・レインズ・書式が利用でき、実際、殆どの業者が加入しております。

 

宅地建物取引業(宅建業)許可の取得は、行政書士で宅地建物取引主任者登録者(複数の不動産業者にて勤務経験アリ)でもある廣橋まで、お気軽にお問い合せください。

行政書士ひろはし法務事務所
医療関連
高齢者介護福祉関連
障がい者福祉関連
児童福祉関連
法人設立
融資・補助金
M&A
相続・遺言
公正証書・契約書
各種許認可