行政書士ひろはし法務事務所
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ

【許認可】施術所

HOME > 【許認可】施術所
戻る

施術所(治療院)開設届け

柔道整復業及びあん摩マッサージ指圧業、はり業、きゅう業を行う施術所を開設するには、 開設届が必要です。
開設後、10日以内に保健所窓口へ届け出なければなりませんが、 構造設備基準等が設けられていますので、開設にあたっては注意が必要です。

開設の流れは次の通りです。
①事前相談 構造設備等についてあらかじめ窓口で相談
②開設 施設が整い、施術を開始できる状態
③開設届 開設後10日以内に保健所窓口へ届出
④検査 保健所職員の検査訪問
⑤開設届出済証交付

 

①の構造設備基準として、
1) 6.6㎡以上の専用の施術室を有すること 
2) 3.3㎡以上の待合室を有すること 
3) 施術室は室面積の1/7以上に相当する部分を外気に開放できること。
ただし、これに代わるべき適当な換気装置があるときはこの限りではない。
4) 施術に用いる器具、手指等の消毒設備を有すること。

 

保険請求

施術所で施術を行い、社保、国保等の保険者に保険請求を行うには、 契約記号番号が必要です。
この番号を取得することにより、患者は保険負担分の受領を柔道整復師等に委任できます。

行政書士ひろはし法務事務所
医療関連
高齢者介護福祉関連
障がい者福祉関連
児童福祉関連
法人設立
融資・補助金
M&A
相続・遺言
公正証書・契約書
各種許認可