行政書士ひろはし法務事務所
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ

【障がい者福祉関連】共同生活援助(グループホーム)

HOME > 【障がい者福祉関連】共同生活援助(グループホーム)
戻る

共同生活援助(グループホーム)

「障害者総合支援法」の改正により、平成26年4月1日から共同生活を行う住居で のケアが柔軟にできるよう共同生活介護(ケアホーム)が共同生活援助(グループホーム)に 一元化されました。

 改正後は、グループホームにおいて、日常生活上の相談に加えて、 入浴、排せつ又は食事の介護その他の日常生活上の援助の提供を行います。

 なお、グループホームには、介護サービスの提供方法により次の2種類があります。
・介護サービス包括型・・・ グループホーム事業者が自ら行う。
・外部サービス利用型・・・グループホーム事業者はアレンジメント(手配)の みを行い、外部の居宅介護事業所に委託する。

 

利用者

平成26年度に共同生活介護と共同生活援助の一元化された際、利用対象も変更となり、障害支援区分に係わらず利用が可能となりました。

 設立をお考えの方で、法人の設立や指定申請をお考えの方は、お問い合わせください。

行政書士ひろはし法務事務所
医療関連
高齢者介護福祉関連
障がい者福祉関連
児童福祉関連
法人設立
融資・補助金
M&A
相続・遺言
公正証書・契約書
各種許認可