【相続】成年後見

後見人 (法定後見人と任意後見人)

後見人と言っても、「法定後見人」と「任意後見人」がいます。

そして、「法定後見人」とは、本人の判断能力が不十分な場合で、申立てにより
家庭裁判所によって選ばれた後見人が、本人のために法律行為を
おこない、本人を保護・支援するものです。


一方、「任意後見人」とは、本人が十分な判断能力があるうちに、将来、
判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、予め、代理人(後見人)
を自分で選んでおくものです。
そして、判断能力が低下したら、任意後見人は家庭裁判所に任意後見
監督人を選任してもらい、監督人の監督のもと、本人が予め契約で
決めていた事務を任意後見人が行い、本人を保護・支援するものです。

 

任意後見契約の要件

「任意後見契約」は、公証人が関与する 公正証書によることが要件とされています。

なお、任意後見契約を締結すると、公証人の嘱託により、その旨が法務局に登記されます。

 

 

後見人が本人に代わって行う支援の例

支援内容は、「財産管理」と「身上監護」についてです。

 

「身上監護」として、例えば、

・介護福祉サービスの利用契約の締結

・ 施設やサ高住への賃貸契約などの締結

 

「財産管理」として、例えば、
・施設費や家賃など生活費の支払い
・預貯金や実印などの適切な管理

・不動産や重要な動産などの財産管理、保存、処分

・年金や障害手帳など定期的な収入の管理

・保険や公共料金などの定期的な支出の管理

などがあります。

 

みまもり契約

当事務所では、まだ、任意後見契約まで結ぶ気持ちにはまだなれないけれども、

2ヶ月に1回の訪問を通じて、徐々に信頼関係を構築し、

任意後見契約を締結するかどうか決めたい、という方には、

「みまもり契約」をお勧めしています。

その中で、任意後見のしくみや、今後の課題、その為の対処などを話し合い、

ご本人様のお気持ちを尊重しながら、ご一緒に検討し「ライフプランニング」を行っていきます。

 

但し、任意後見契約が締結できるのは、ご本人の判断能力がしっかりしていることが必要ですので、

ご利用されたい場合は、判断能力のあるうちにご相談ください。

 

また、当職との「みまもり契約」には、ご対応可能エリアがございます。

エリア外の方には、ご必要でしたら、無料で、他のエリアで開業している知り合いの

「みまもり契約と成年後見の対応が可能な」行政書士をご紹介することも可能です。

 

 

一般社団法人 北海道成年後見支援 センター

当職の廣橋は、北海道成年後見支援 センターの会員でもあります。

この支援センターは、北海道行政書士会の会員を構成員として設立されたものです。

会員は、研修を受けて、考課試験に合格した行政書士で、

損害賠償保険にも加入しております。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

廣橋から皆様へのコメント

成年後見は、末永いお付き合いになることが予想されます。

お互いに信頼関係が結べるか、この人に本当に頼んでも良いか、

無料面談(相談)などをご利用のうえ、ご判断されることをお勧めします。

 

なお、任意後見契約の場合、監督人が選任されるまでは、

公証人の認証を受けた書面により、いつでも解除することができます。

(本人が意思能力を失い、任意後見監督人が選任された後の解除は、

本人保護の観点から、本人または任意後見人の正当な理由による契約解除であることを

家庭裁判所に申立てて、許可を得ることが必要となります。)

 

 

任意後見人のご用命や、任意後見契約書(公正証書)の作成など、
まずは、お電話ください。

行政書士ひろはし法務事務所
TEL011-303-1641