【薬局・医療機器】医薬品店舗販売業許可

店舗販売業

薬事法の規定により、業として、医薬品の販売や授与をする場合は、医薬品販売業の許可が必要です。
医薬品販売業は、販売等をする医薬品や販売方法によって、次の3種類に分かれています。

・店舗販売業

・卸売販売業

・配置販売業

 

 

2009年6月の改正薬事法試行に伴い、一般用医薬品は、薬剤師のいる薬局と

それ以外の店舗販売業(ドラッグストア等)の場所で、販売されるようになりました。

 

登録販売者

医薬品登録販売者と薬剤師との大きな違いは、

処方箋に基づく薬の調剤が出来るか否か、

第1類医薬品が販売出来るか否かです。

 

 

店舗販売業をお考えの方は、

行政書士ひろはし法務事務所まで、お問い合わせください。

TEL011-303-1641