【高齢者福祉関連(介護)】短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所生活介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、

自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、

家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。


短期入所生活介護の連続利用日数は30日までで、
要支援1または要支援2の認定を受けた方が対象となります。


開設できるのは、介護老人保健施設、指定介護療養型医療施設、

療養病床を有する病院(診療所)、又は、診療所の開設者であることです。

 

その他、人員基準や設備基準がそれぞれ決まっています。

 

ショートステイを始められたい方は、お気軽に行政書士ひろはし法務事務所

TEL011-303-1641まで、お問合せください。