【高齢者福祉関連(介護)】通所介護事業(デイサービス)

訪問サービスと通所サービス

一般に「訪問サービス」とは、ホームヘルパーさんなどが、利用者様の自宅に来て、
身体や生活の介護をしてくれるサービスで、
「通所サービス」とは、1日のうち数時間を施設(事業所)に通い、
生活上の世話(食事や入浴など)や、リハビリを受けるサービスです。

訪問サービスでは、本人の閉じこもりが解消されない場合も多いですが、
通所サービスの場合、レクリエーションや趣味の時間もあり、
ひきこもりがちな利用者のリフレッシュにもなり、 社会性の回復なども期待できます。

札幌でも、最近は、それぞれの個性(短時間デイや機能訓練特化型など)や
特性を生かしたデイサービスが増えています。

 

通所介護・デイサービス事業所の設立

設立に際し、まず、大きく分けて5項目のスケジュールについて考えてみると良いでしょう。

5項目とは、人員確保・ハード(建物や設備)整備・資金調達・

各種申請と届出・ 利用者の確保の5つのことです。

なお、資金については、

当初3~6ヶ月程度の運転資金は、確保するよう計画しましょう。

 →当事務所では、事業計画や収支はもちろんのこと、資金調達(融資)のお手伝いもできます!

 

いつ頃の開始を目標とするのか、

それによりいつ頃までに、 何をしなければならないか考えてみましょう。

(行政書士ひろはし法務事務所では、そのあたりもアドバイスしております。)


デイサービス事業所の必要人員

介護保険の指定事業者として、デイサービスを行うには、最低限の人員基準があります。
常勤の管理者1名
生活相談員1名
看護職員1名以上(利用者定員11人以上)
介護職員 利用者15人までで1名以上、さらに5名増えるごとに1名以上の追加
機能訓練指導員1名
上記には、業務に支障ない場合に兼務できるものや、
加算を考慮しない場合に、配置時間を調整できるものなどがあります。

 

介護予防通所介護

さらに、デイサービスにおいて、介護予防サービスも提供する場合には、
既存の通所介護事業に加え、「介護予防通所介護」での事業者指定も必要となります。

 

幣事務所では、デイサービスなどの介護事業に参入されたい方で、

どのように進めれば良いかわからない方、

単発で、指定申請のみご依頼されたい方、

 指定申請のみでなく、利用契約書や重要事項説明書、

 また苦情処理簿などの各種記録簿・各種マニュアル・相談受付票・日誌・計画書・

 個人情報使用同意書などなど

のお手伝いも含めて顧問契約にてご依頼されたい方、

どちら様の場合も、お手伝いしております。

お気軽にTEL011-303-1641までお問合せください。

 

 *顧問先様には、実地指導や監査にも対応致します!

(廣橋からのコメント ←行政書士を探す場合の、ご参考にしてください。)

 

 *行政書士ひろはし法務事務所では、【道内での指定申請に対応】しております。

これまでも、札幌市内だけでなく、道内のさまざまなエリアでの立上げの支援もして参りました。

詳細は、お電話などでお尋ねください。 TEL011-303-1641

 

(なお、姉妹会社の株式会社広企画では、

始めての方が、フランチャイズに加入しなくても、デイサービスを立上げ、

参入し運営していく為に、

 札幌市内の実務家のアドバイザーとコラボし、運営支援事業もおこなっております。

運営に必要な記録簿等必要書類の準備や、

物件探し、リフォーム、広告宣伝ツールの作成等、総合的にお手伝いできます。

ご興味のある方は、011-303-1643まで、お電話ください。)

 

お客様にあった、さまざまな形で、夢の実現にご協力致します。

ご一緒に実現しませんか?