【児童福祉関連】保育ママ

保育ママ

仕事などの理由でお子さんをご家庭で保育ができない場合に、

保育士資格を持つ保育ママの居宅等で、家庭的な雰囲気の中でお子さんの保育を行う事業です。

札幌市の家庭的保育事業です。

保育の密室性を解消するため、札幌市では保育ママのほか、

補助者などと常に2人以上で保育にあたっています。

この事業は、待機児童の解消を図るとともに、

地域の実情に応じた多様な保育サービスを提供することを目的としており、

平成22年4月から児童福祉法に位置付けられました。

保育ママには、居宅型とグループ型があります。

基本的には、乳幼児には給食はなく、お弁当の持参になります。

 

 

所長の廣橋は、保育園に通う子供のママでもあります。

各種児童福祉の整備事業への応募のお手伝いもお引き受けできます。

詳細は、お気軽にお問合せください。

行政書士ひろはし法務事務所

TEL011-303-1641