【法人・組合の設立】融資申請(資金調達)

資金調達(融資、補助金等)とは

事業を立ち上げる際に、自己資金ですべてが賄えると良いのですが、

その様な場合ばかりとも限りません。

そんな時には、融資や助成金・補助金などを検討することになるでしょう。

 

補助金や助成金と言うものは、基本的に、後払いです。

ですので、一度は現金を持ち出すことになります。

ただ、うまく該当すれば、融資と違って、返金しなくても良い(違法に取得する等は別)ですから、

後から入ってくると言っても、大変ありがたいものです。

 

そんな中で、実際には、融資の申請や補助金等の申請を行うことになるのですが、

まず、必要になるのは、事業計画です!

↓

当事務所では、事業計画の作成からお手伝いしております。!

 

計画の際、机上の空論の計画では意味がありません。(実際に返済できなければ大変なことに。)

また、概算だけの計画では、さまざまな諸経費の考慮をいくつも洩らしたり、

実際とかけ離れる事もしばしばです。

↓

当事務所では、ご要望の方、特に、初心者の方には、事業計画だけでなく、

事業を実現する為のコンサルもご提供しております。!

 

 

また、資金調達をお手伝いされる他の事務所様とは違って、

当事務所では、融資の際の、金融機関等との面談にも、基本的には同席や代理してきました。!

 

何度も、金融機関からお断りされるのには、訳があります。

もともとの属性も大切ですが、自分のアピールポイントを把握できていない人、生かせてない人。

計画自体が甘すぎる人。

とにかく動いてみるの精神ばかりが先行し、肝心な事業計画がそもそもまだ描けてない人。

許認可の取得を安易に計画しており、人件費や家賃ばかりが先に発生してしまっている人。

そして、何より、融資に慣れていないので(大半の方がそうです)、どこからどう動いていけば

良いか分からない人。などなど。

↓

実績のある「行政書士ひろはし法務事務所」にご相談ください!

親身になって、ご支援しております。

 

 

お客様の声

今までに、いろいろなお客様と出会い、いろいろなお声を聞かせて戴きました。

その中で、私どもが、融資のお手伝いをしている事をもっと周知しておけば良かったと、

反省した事がございましたので、こちらに掲載させていただき、皆様のお役に立てればと思います。

 

「もっと早く存在を知っていれば、こんな状態にはならなかったのに・・・。

どこに頼べばいいのか分からなかったかた、もっとこんな事務所があることを宣伝しておいて欲しかった。」

 

「あちこち足を運んだけれど、実際、話してみるとその差に驚いた。」

 

 

 

融資や補助金の種類は沢山あります。もちろん条件もさまざま。

融資も、ただ、融資が通れば良いではなく、できるだけ低利で借り入れが出来るように

サポートしたいと思っています。

 

財団法人さっぽろ産業振興財団 札幌中小企業支援センター(創業支援資金)

融資の対象は、個人又は法人代表者として事業を営んだことが ない方で、

新たに市内で事業を営む方、もしくは、 創業3年未満の事業者です。

融資資金は、5000万円以内かつ創業を要する資金の70%以内です。

また、融資期間は10年以内(2年以内の据置き)です。

 

日本政策金融公庫(創業融資)

創業融資・・・新たに事業を始める方または

事業開始後おおむね5年以内の方が対象の融資です。

基本的には、運転資金の融資期間は、5年以内(6ヶ月以内の据置き)、

設備資金は15年以内(3年以内の据置き)となっており、

融資額は、7,200万円以内(うち運転資金4,800万円以内)です。

 

民間金融機関

銀行の融資には、信用保証付き融資や、プロパー融資、ビジネスローンなどがあります。

なお、公的融資など信用保証付きの融資でも、融資を実行するのは銀行です。

 

 

上記は融資申請の一部です。 
融資(資金調達)に関しては、この他でも、ご対応可能です。

また、補助金や助成金に関しても、取り扱えれるものは何でもお手伝いしております。

 

 

詳細は、累積10億円の資金調達(融資)の実績がある

行政書士ひろはし法務事務所 廣橋(ひろはし)までお問い合わせください。  

TEL 011-303-1641