【法人・組合の設立】事業承継

事業承継

【事業承継】とは、「経営」と「財産」を受け継ぐことです。

その方法としては、
①親族への承継(生前贈与、相続)
②従業員等への承継(売買)
③M&A
などとなります。

後継者問題による承継の場合、
親族への承継などでは、5~10年など長期にわたって計画し実現していく場合もございます。
また、従業員への承継は、金銭面がネックになってなかなか実現できないのが現状です。
後継者となる親族がいない場合や、従業員への承継も困難な場合、第三者による承継の検討となります。
その際、第三者(社)がどの様なスタンスで引き受けてくれるのか、従業員はどうなるのか、
第三者の人柄は承継する法人と合うかも大切になってきます。

 

行政書士ひろはし法務事務所では、譲渡契約書などの作成を賜ります。

詳しくは、お電話(011-303-1641)にてお問合せください。

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

また、姉妹会社である株式会社広企画では、M&Aや事業承継の仲介業者です。

中立的立場から、介護事業会社の売却や事業譲渡、サ高住の売却等のご支援をしております。

また、事業譲渡については、ご一緒に譲渡の計画も作成致します。

詳しくは、こちらをご覧ください。